力強い脚さばきを見せつけたウィルソンテソーロ
力強い脚さばきを見せつけたウィルソンテソーロ

ドバイワールドカップ2024

[GⅠドバイワールドカップ=2024年3月30日(土曜)メイダン競馬場、ダート2000メートル]

 GⅠドバイワールドカップ(メイダン、ダート2000メートル)で海外初挑戦となるウィルソンテソーロ(牡5・小手川)。フェブラリーSは8着に敗れたが、今回は主戦の原へ戻って大仕事をもくろんでいる。27日朝の最終追いはその原が手綱を取ってメイダンのダートで単走。前走で速い流れの2番手で競馬をしたこともあって序盤は元気が良すぎるくらいだったが、スムーズに折り合って力強い脚さばきを見せつけた。当地の馬場は合いそうな雰囲気だ。

 原は「思いのほかスピード乗りは良かったですが、(競馬で)序盤に力ませたくないのでリラックスさせるためのコンセプトの追い切りでした。砂質がこの馬のフットワークに合っていてマッチしていると思ったので自信を持って臨めます。コーナーを回っている時間を長く感じたので仕掛けのタイミングを誤らなければと思います」と馬場適性の高さを感じたようだ。

 昨年の東京大賞典は逃げて2着、チャンピオンズCは後手に回りながらも直線で猛然と追い込んで2着したように自在性、そして意外性のある1頭。23歳の若武者・原が思い切った競馬でアッと言わせるシーンがあるかもしれない。

著者:東スポ競馬編集部