状態キープのマテンロウスカイ
状態キープのマテンロウスカイ

 GⅡ中山記念を制して勢いに乗るマテンロウスカイ(セン5・松永幹)はGⅠドバイターフ(30日=メイダン、芝1800メートル)へ向けて27日朝、メイダンのダートで単走追い。国内最終追いでシッカリと負荷をかけたので当週は5ハロン標識から控えた内容ながら、硬さもなく一連の状態は維持できている。

「ずっと使っていますし、日本である程度乗ってきたので今日は軽く息を整える感じでした。動き自体は悪くなかったと思います」と額田助手。今の勢いでどこまで通用するか力試しの一戦になりそうだ。

しっかりと負荷をかけられたバロンドール
しっかりと負荷をかけられたバロンドール

 また、同厩で横山典&松永幹の競馬学校同期コンビでGⅡUAEダービー(同、ダート1900メートル)の制覇を目指すバロンドール(牡3)もダートコースで単走追い。国内最終追いが軽めだったので直前は直線でシッカリと追われてビシッと負荷をかけた。輸送を挟んでこれだけやれればレースへ向けて態勢は整ったとみていい。

「5ハロンからしまいを伸ばすイメージでやりました。単走だったので気合乗りは平凡でしたが、硬さもなくストライドの大きな走りでした」と山元助手。

著者:東スポ競馬編集部