クリノガウディー
クリノガウディー

 24日のGⅠ高松宮記念を除外になったクリノガウディー(牡8・藤沢)は4月7日に中山で行われるリステッド・京葉S(ダート1200メートル)を目指す。「脚元のこともあるので、このあたりで一度ダートを試してみます。乗り込みはかなり時間をかけてじっくりやってこれているので、いい方に出れば」とは藤沢調教師。鞍上は原。同馬は2022年3月の高松宮記念(16着)以来、約2年ぶりの復帰戦となる。

 27日現在、GⅠ大阪杯(31日=阪神芝内22000メートル)で除外対象3番手となっているバビット(牡7・浜田)は、除外の場合、4月14日のリステッド・福島民報杯(福島芝2000メートル)を目指す。「ハンデもそんなに重くることはないでしょうから」と浜田調教師。なお、その場合の鞍上は永島まなみを予定。

著者:東スポ競馬編集部