7着に終わったソールオリエンス
7着に終わったソールオリエンス

大阪杯2024

[GⅠ大阪杯=2024年3月31日(日曜)阪神競馬場、芝内2000メートル]

 初めてのブリンカーを装着して挑んだ皐月賞馬ソールオリエンス。鞍上が乗り慣れた横山武に戻り、もっとも実績ある2000メートル戦…巻き返しの要素は揃っていたが、ひと押しを欠いて7着に終わった。

 向正面で先に動いたローシャムパークに続くようにポジションアップ。ゆったりした流れを考えればベターな選択だったが、直線での追い比べでは目立った脚を使うことはできなかった。

「理想はテンからポジションを取りたかったけどゲートがあまり得意ではないので。(手塚)先生と話して、途中からマクっていくことは頭にありました。やりたい競馬はできました」と振り返った横山武。初のブリンカーに関しては「いつもよりピリピリしていたけど、競馬ではいいスパイスになりました」と話した。

著者:東スポ競馬編集部