21年のマーチSを制したレピアーウィット

 21年のGⅢマーチステークスを制したレピアーウィット(牡7・堀)が4日付で競走馬登録を抹消された。今後は茨城県ひたちなか市のセントファームで乗馬になる予定。

 同馬は父ヘニーヒューズ、母ランニングボブキャッツ(母父ランニングスタッグ)の血統で13年のJRA最優秀2歳牡馬・アジアエクスプレスの全弟。通算24戦6勝。生涯獲得賞金は1億3258万5000円(付加賞含む)。1月のGⅢ根岸S(12着)がラストランとなった。

著者:東スポ競馬編集部