リラックスした表情をのぞかせたサリエラ
リラックスした表情をのぞかせたサリエラ

天皇賞・春2024

[GⅠ天皇賞・春=2024年4月28日(日曜)4歳上、京都競馬場・芝外3200メートル]

 サリエラ(牝5・国枝)は、昨年秋のGⅠエリザベス女王杯出走時(6着)同様に、栗東トレセン入りして調整を消化している。22日朝は馬房でリラックス。大一番に向けて、静かに英気を養っていた。

 椎本助手は「体重は430キロくらいです。前回と同じくらいで出走できると思うので。予定通りに調整をこなしていますよ。先週(の追い切りで)しまいをしっかりとやっていますし、今週はサラッとでいいと思いますね」と近況を伝える。

 GⅢダイヤモンドSはテーオーロイヤルとの叩き合いの末に2着。戦前の陣営の見立て通りに、長距離戦がマッチするところを示すレース内容だった。今度の鞍上は〝天皇賞男〟の武豊だ。

「ジョッキーも天皇賞が大好きですしね。ゲートを出た感じでポジションを決められると思うので。何とか勝たせてあげたいですね」と同助手。淀の長丁場を知り尽くしている名手を背に、勝ち負けへ。

著者:東スポ競馬編集部