ステイフーリッシュの半妹マラキナイアが新馬V

 11日の中京芝1600メートルで行われた2歳新馬戦は1番人気のジャスタウェイ産駒マラキナイア(牝・吉岡)が3番手追走から直線で余裕を持って抜け出し、2着レゾルシオン(牡・鈴木孝)に2馬身差をつけて快勝した。勝ち時計は1分34秒7(良)。

「競馬場に来たことでテンションが上がり、調教では見せない難しさを出しましたけど無事に終えられました」とは鞍上の川田だが、レースそのものはきっちり折り合いがついて直線も馬場のいい所を選んで突き抜ける強い内容だった。

 半兄に今年のドバイゴールドカップを勝ったステイフーリッシュがいる良血馬。422キロと馬体が仕上がり切っていた印象だっただけに、今後は成長がカギになりそうだ。

著者:東スポ競馬編集部