64年ぶりに牝馬として日本ダービーを制するなど、競馬界に大きなインパクトを残した名牝ウオッカ。07年ダービーをはじめ、競馬史に残る死闘と言われた08年天皇賞・秋、主戦・武豊の突然の乗り替わりがあった09年ジャパンカップなど、歴史的牝馬の衝撃的な生涯を追う。(この連載は2020年9月14日〜11月26日東京スポーツに掲載されたものです)

単勝1・4倍で迎えた桜花賞

 桜花賞で単勝1・4倍の圧倒的支持を得ていたウオッカ。レースでは当面のライバルと目されたダイワスカーレットを、4コーナー手前ですでに1馬身前に捉えていた。前走のチューリップ賞では着差以上の競馬で叩きのめした相手だ。誰もがウオッカの勝利を確信したに違いない。ところが…。ダイワスカーレットの鞍上・安藤勝己が直線に向くや、チラッと外に目をやる。すぐ後ろに迫るウオッカの姿を確認した。ウオッカの馬上には四位洋文だ。こちらも自信満々でダイワスカーレットの外に並びかけようとした。その時、安藤がダイワスカーレットを馬半頭分だけ外に滑らせた。驚いたのはウオッカ。今からトップスピードに乗ろうかという場面で、内からダイワスカーレットが出張ってきたから、ウオッカは馬2頭分ばかり外へと逃げた。

 これで、勝負あった。それからいま一度、ダイワスカーレットに馬体を併せたのは、せめてものウオッカの意地であった。

 勝ったダイワスカーレットの勝ち時計は1分33秒7。ウオッカはそれからコンマ2秒遅れて2着でゴールした。誰の目にも完敗であった。

 桜花賞馬のダービー挑戦。平成8年のビワハイジ(13着)以来の牝馬の挑戦という、競馬ファンの夢がはかなく散った瞬間だった。

 だが、角居勝彦の気持ちの切り替えは、意外と早くついていた。

「負けた以上はダービーという夢ではなく、ダイワスカーレットに借りを返そう」

 オークスでの雪辱に火をともしていた。

「ダイワスカーレットに勝つことも、ダービーを勝つことと同じくらい難しいからね」

 打倒ダイワスカーレットは、競馬史的には一つの名勝負にすぎないが、難易度で言うなら、64年ぶりの偉業と変わらぬものがある。角居は、そう考えていた。それが間違いではないことは、この後のダイワスカーレットの活躍を見れば明らかだろう。ダービー挑戦失敗の落胆を補うには、余りある敵であった。

 ただ、角居は言った。「桜花賞の敗戦の要因ははっきりとしていた」と。だから、諦め切れない気持ちが、どこかにくすぶっていた。

 馬主の谷水雄三にとっても、やはり夢はついえたように思えた。桜花賞の数日後、栗東トレセンの角居厩舎に、谷水の姿があった。ウオッカのねぎらいのためもあったが、次のレースを角居と四位に確認したかった。

「負けたんだから、オークスで仕方ないな」

 谷水の言葉のどこかに、歯切れの悪さを角居は感じ取っていた。

「なっ?」

 谷水は、同意を求めるようにして、角居の目を見て念を押して聞いた。「う〜ん」

 角居は答えに困った。それは、谷水が角居の思いを代弁してくれているようでもあったからだ。

桜花賞でダイワスカーレット(左)に敗れたウオッカ。ダービーの夢はついえたと思ったが…

☆ウオッカ 2004年4月4日、北海道静内町(現・新ひだか町)カントリー牧場で生産。栗東・角居勝彦厩舎からデビューし、2歳時の阪神JFを皮切りにGⅠを7勝。特に牝馬として64年ぶりに勝利した07年日本ダービーは競馬史に残るレースで、いまだに「史上最強牝馬」の呼び声も高い。19年4月1日、蹄葉炎のため、安楽死の措置が取られた。通算成績=26戦10勝(うちGⅠ7勝含む重賞8勝、海外4戦0勝)。主な勝ち鞍は07年日本ダービー、08年天皇賞・秋、09年ジャパンカップ。08&09年JRA年度代表馬。

著者:旭堂 南鷹