64年ぶりに牝馬として日本ダービーを制するなど、競馬界に大きなインパクトを残した名牝ウオッカ。前記の07年ダービーをはじめ、競馬史に残る死闘と言われた08年天皇賞・秋、主戦・武豊の突然の乗り替わりがあった09年ジャパンカップなど、歴史的牝馬の衝撃的な生涯を追う。(この連載は2020年9月14日〜11月26日東京スポーツに掲載されたものです)

「挑戦させてください」

 桜花賞の敗因を語る、角居勝彦の口調が穏やかなのに変わりはない。それでも熱を帯びていくのが分かる。

 ダービーに向けての、数え切れない反復練習に、ウオッカも耐え、厩舎スタッフも細心の注意を払いながら取り組んできた。その成果を、勝敗でしか評価されない世界ではあるが、負けたからといって、無駄にしていいものか。角居の逡巡を、オーナー・谷水雄三はくみ取った。

「ウオッカは、すでにダービー仕様になっているということか?」

「そうですね。だから…」

 2人の間に緊張が走った。次の角居の言葉が、ウオッカの未来を決めた。

「ダービーに挑戦させてください」

 その言葉には力が宿っていた。谷水も、まさしくその言葉を待っていた。

「よし決まりだ!」

 ウオッカのダービー挑戦は、谷水と角居の互いを思いやる気持ちの中で育まれた英断であった。

 一度、消えかけたともしびではあったが、角居が厩舎スタッフに「ダービーに行く」と告げると、その気持ちは瞬く間に、全員の心に燃え広がったようだった。

「厩舎にとって、初めてのダービー出走でしたから、厩舎全員の夢がかなった感じはありました」

 国内外のGIを勝っていようとも、日本ダービー出走は、それらと同等の意味がある。ダービーがどれだけ偉大なレースか、ホースマンは誰もがわかっている。

「牝馬同士で負けてるのに」

 角居は、オークスの最終登録は、これだけはオーナーに相談もせず、独断で行わなかった。これから数日の調整過程で、現実を直視したり、弱気の虫が顔を出さないとも限らない。どこかで気持ちのブレが生じる自分が怖かったのだ。

「だから、日本ダービーにだけ登録しました」

 日本ダービーは「競馬の祭典」ともいわれるが、馬に携わる人間にとって唯一無二の最高の舞台だ。まして、競走馬にとっては、自らの未来を決める「種牡馬選定」に最も大きな意味を持つ一生に一度の大舞台。年間生まれてくる7000頭を超えるサラブレッドの中から、わずか18頭しか出られない狭き門。その貴重な一枠を、牝馬のウオッカが得ると、種牡馬への戦いという厳しい競争社会で、牡馬は一頭、戦わずして敗れることとなる。といって、牝馬が出てはいけないというルールはどこにもない。だからこそ、ウオッカのダービー出走は物議を醸した。

 トレセン内では、聞かずともそうした話は角居の耳に入ってくる。

「牝馬同士で負けてるのに、何でダービーやねん!」「ウオッカのせいで一頭出られへんようになるんやぞ」「牝馬のくせに…」

 まるでおきて破りでもしたかのような非難の嵐。角居はなるべく、そうした声に耳を貸さずに、ウオッカのダービーに気持ちを集中させることにした。このころは、なるべくそうした情報を得ないために、新聞も読まないようになっていた。

当時、新進の調教師だった角居勝彦。ウオッカのダービー参戦であらぬ非難が

☆ウオッカ 2004年4月4日、北海道静内町(現・新ひだか町)カントリー牧場で生産。栗東・角居勝彦厩舎からデビューし、2歳時の阪神JFを皮切りにGⅠを7勝。特に牝馬として64年ぶりに勝利した07年日本ダービーは競馬史に残るレースで、いまだに「史上最強牝馬」の呼び声も高い。19年4月1日、蹄葉炎のため、安楽死の措置が取られた。通算成績=26戦10勝(うちGⅠ7勝含む重賞8勝、海外4戦0勝)。主な勝ち鞍は07年日本ダービー、08年天皇賞・秋、09年ジャパンカップ。08&09年JRA年度代表馬。

著者:旭堂 南鷹