64年ぶりに牝馬として日本ダービーを制するなど、競馬界に大きなインパクトを残した名牝ウオッカ。前記の07年ダービーをはじめ、競馬史に残る死闘と言われた08年天皇賞・秋、主戦・武豊の突然の乗り替わりがあった09年ジャパンカップなど、歴史的牝馬の衝撃的な生涯を追う。(この連載は2020年9月14日〜11月26日東京スポーツに掲載されたものです)

勝算は考えていなかった

 牝馬のウオッカがダービーに挑む。それだけでニュースとなった。しかし、それは批判の的ともなった。

 とある競馬雑誌には、角居が調教師の視点からウオッカのことを語っているコラムが掲載されていた。その雑誌に、元有名調教師が、ウオッカ陣営の挑戦を批判する活字が躍っていた。普段なら世評など、あまり気にしない角居だが、この時ばかりは珍しくいら立った。

「何なんだ! 一方でウオッカのことを好意的に取り上げておいて、その一方で批判記事を載せるなんて…」

 しかし、批判的な見方がすべてだったわけではない。記者の中には、「競馬人気に陰りのある今だからこそ価値のある挑戦ですね」。「出る、出ないだけで議論になるような盛り上がりは久しぶりですよ」とウオッカの挑戦をたたえてくれる人も多かった。  

 角居も「我々の仕事は夢を売って、食べさせてもらうことです。挑戦しなければ夢はありません」と、その“進むべき道”に対して信念を持ち、決してそれが揺らぐことはなかった。

 ウオッカの挑戦に勝算はあったのか? オーナーの谷水雄三には机の上だけでも通用する確信はあったようだが…。角居は違った。勝算などは考えていなかった。これが例えば「対ダイワスカーレット」だけであれば、オークスを勝ちに行く調整を施す。しかし、日本ダービーでは「勝ちに行く」調整をし、馬に結果を課すのではなく、人間が「ウオッカがベストパフォーマンスを発揮できるようにつくる」ことが最重要だった。

 それは牡馬との対決による体力的な劣勢をいかに補うかということと、その状況下で、冷静に立ち回れるための精神的な強さも求められたからだ。ただ、それらが身につき、本番でうまく機能したとしても、勝てるほどダービーは甘くはない。しかし、それができなければ勝負にはならないし、批判的な見解が正しいことを、戦前に認めざるを得なくなる。

 角居が講じた、桜花賞前から仕込んだダービー仕様の調教がいよいよ佳境を迎える。桜花賞前は格下の馬と走らせて、我慢を覚えさせた。それを見事に習得したことが、逆に桜花賞の敗因となってしまった。それでも、無駄な体力を消耗しないためにも、折り合いは必須条件だ。その課題に頭を悩ませることなく、本番までの過程で仕上げることができる。一点の曇りもない体調に仕上げることこそが、ウオッカの全能力発揮の大前提だ。

 牝馬のダービー挑戦――。そのために一頭、涙を流す馬と人がいる。そのホースマンのためにも、下手な仕事はできない。それは同時に、ウオッカへの負荷が強まっていくことを意味していた。調教後のケアは、いつにも増して細心の注意が払われた。電熱器や電気を当てて、厩務員の中田陽之は全身全霊で作業に専念した。中田はウオッカの癒やしでなければならないのだ。

ウオッカと中田陽之厩務員。ダービーに向けて全身全霊の作業が続いた

☆ウオッカ 2004年4月4日、北海道静内町(現・新ひだか町)カントリー牧場で生産。栗東・角居勝彦厩舎からデビューし、2歳時の阪神JFを皮切りにGⅠを7勝。特に牝馬として64年ぶりに勝利した07年日本ダービーは競馬史に残るレースで、いまだに「史上最強牝馬」の呼び声も高い。19年4月1日、蹄葉炎のため、安楽死の措置が取られた。通算成績=26戦10勝(うちGⅠ7勝含む重賞8勝、海外4戦0勝)。主な勝ち鞍は07年日本ダービー、08年天皇賞・秋、09年ジャパンカップ。08&09年JRA年度代表馬。

著者:旭堂 南鷹