64年ぶりに牝馬として日本ダービーを制するなど、競馬界に大きなインパクトを残した名牝ウオッカ。前記の07年ダービーをはじめ、競馬史に残る死闘と言われた08年天皇賞・秋、主戦・武豊の突然の乗り替わりがあった09年ジャパンカップなど、歴史的牝馬の衝撃的な生涯を追う。(この連載は2020年9月14日〜11月26日東京スポーツに掲載されたものです)

「勝ち方を知っていますからね」

 ウオッカは、想定通りの過程で、想像を超える進化を見せていた。だが、日本ダービーにはもう一つ、角居には越えねばならない高い壁がそびえ立っていた。

 松田国英。言わずと知れた角居の師匠だ。その松田が、ダービー1番人気と目されるフサイチホウオーを出走させる。皐月賞で3着に敗れはしたが、それまでの戦績と、すごみのある末脚は、東京コースでより威力を増すことは間違いない。しかし、角居はフサイチホウオーよりも「人」を恐れていた。

「師匠ですよね。ダービーの勝ち方を知っていますからね。皐月賞3着という結果よりも、ダービーできっちりと仕上げてくることの方が怖い」

 松田がタニノギムレットでダービーを勝った時、そして、それから2年後のキングカメハメハの時も、ダービーへ対する松田の執念のようなものを、外にいながらでも怖いほど肌で感じていた。ダービー2勝調教師の松田が、自信を持って送り出すのがフサイチホウオーだ。松田は悠然と笑みを浮かべて、こう言った。

「角居も、よく挑戦したよねぇ。でも、うちのダイワスカーレットとの勝負を避けたからって、ダービーにも、うちにはフサイチホウオーがいるんだから因縁だよねぇ」

調教助手時代から刺激を受けていた

 その言葉は、牝馬の挑戦という英断をたたえてはいたが、ダイワスカーレットとの直接対決を避けたものだと評し、フサイチホウオーがその英断を阻む存在であることを告げていた。

「でもね、角居の馬だし、ギムレットの子だから、いい競馬はしてほしいし、すると思いますよ。でも、いいんだよね、フサイチホウオー。皐月賞の着順だけじゃなくて、負け方も(タニノ)ギムレットに似ているしね。ウオッカは2着でいいんじゃないの?」

 松田は、角居との対決を楽しみにしていた。

 角居がまだ中尾謙太郎厩舎で調教助手をしていた時代。松田も調教助手として山内研二厩舎にいた。この両厩舎は同じブロックで引き運動をしていた。角居もナリタハヤブサなどの重賞勝ち馬を育て、馬運の悪い助手ではなかったが、ただ与えられた仕事をこなすだけの日々だった。

 そんな時、松田の姿や言動が、角居の目や耳を刺激した。松田は厩務員が引き運動をする際、必ず並走するように歩いていた。

「変わったことをするなぁ」

 当初、角居はその程度にしか気に留めていなかった。が、その存在が気になると、「なぜそんなことをするのか?」「この人は何を考えているのか?」ということが気になり始める。代わり映えのしない毎日を過ごしていた角居に少しの変化が芽生えた。

角居が恐れたのは馬ではなく松田国英調教師のダービーへの執念だった

☆ウオッカ 2004年4月4日、北海道静内町(現・新ひだか町)カントリー牧場で生産。栗東・角居勝彦厩舎からデビューし、2歳時の阪神JFを皮切りにGⅠを7勝。特に牝馬として64年ぶりに勝利した07年日本ダービーは競馬史に残るレースで、いまだに「史上最強牝馬」の呼び声も高い。19年4月1日、蹄葉炎のため、安楽死の措置が取られた。通算成績=26戦10勝(うちGⅠ7勝含む重賞8勝、海外4戦0勝)。主な勝ち鞍は07年日本ダービー、08年天皇賞・秋、09年ジャパンカップ。08&09年JRA年度代表馬。

著者:旭堂 南鷹