64年ぶりに牝馬として日本ダービーを制するなど、競馬界に大きなインパクトを残した名牝ウオッカ。前記の07年ダービーをはじめ、競馬史に残る死闘と言われた08年天皇賞・秋、主戦・武豊の突然の乗り替わりがあった09年ジャパンカップなど、歴史的牝馬の衝撃的な生涯を追う。(この連載は2020年9月14日〜11月26日東京スポーツに掲載されたものです)

退路を断つ…強い意志

 桜花賞でウオッカを負かしたダイワスカーレットが、オークスを感冒で回避した。まさかの事件だった。ウオッカをオークスに登録しなかったのは、角居の独断であったため、悔恨の思いがないわけではない。

 それでも「オークスに登録しないからこそ、ダービーへの調整に全く迷いがなくなる」という強い意思で退路を断ったのだ。いまさら、思い悩むより、悩む必要がなかった、という開き直りが角居に生まれた。

 いずれにせよ、ウオッカと角居の前に立ちはだかるのが、師匠の松田国英であることには変わりない。

「いざダービーへ!」

 結局、角居は動揺こそしたものの、ダイワスカーレット回避のニュースでさえも、ポジティブに考えて意を強くした。

 ダービー前日、角居は意識的に忙殺されるような仕事を自らに課した。「少しでも体を休めると、ダービーのことばかりを考えてしまうからね。なるべく、ダービーは考えない環境に身を置いておきたかった」

 クタクタになるまで働いた。ヘトヘトになりたかった。家へ帰れば、ぶっ倒れるように布団に突っ伏してしまいたかった。「でも、体は言うことを聞かないくせに、頭だけは、ダービーを考えようとするんだよね」

 普段なら、欠かさず酒を飲んでいた角居だが、この日はビール1缶にも手を伸ばすことはできなかった。

気がついた時にはパドックに

「今の体にアルコールは危険すぎる」

 隅々にまでアルコールが巡り、昏倒するように深い眠りについてしまう。まさか、日本ダービーの日に寝坊で遅刻するわけにはいかない。

 平成19年5月27日。角居はおかげで、無事に目覚めて東京に向かった。東京競馬場に着いてから、自分が何をしたのか、どう過ごしていたのか、ほとんど記憶にない。それは角居だけの特別な体験ではない。前年のダービー馬メイショウサムソンの松本好雄オーナーも、ダービー当日は馬券の購入さえもうろ覚えだったというエピソードがある。

 それがダービー初挑戦ともなれば、角居が舞い上がるのも無理はなかった。角居が、我を取り戻して、気がついた時、ダービーのパドックに立っていた。ウオッカをはじめ出走全馬は、さすがにいい馬ばかりだ。18頭の馬の周回とその向こうに見える群衆、ファンたちの姿が見えた。しかし、角居は不思議な感覚に陥っていた。

「たくさんの人がパドックに集まっているのに、まったく音が聞こえないんだよね。馬の息や馬蹄音も聞こえない」

 角居の耳には、何ひとつ音が入っていかなかった。

ウオッカの前年にメイショウサムソンでダービーを勝った松本好雄オーナー。レース当日は馬券購入さえうろ覚えだったという

☆ウオッカ 2004年4月4日、北海道静内町(現・新ひだか町)カントリー牧場で生産。栗東・角居勝彦厩舎からデビューし、2歳時の阪神JFを皮切りにGⅠを7勝。特に牝馬として64年ぶりに勝利した07年日本ダービーは競馬史に残るレースで、いまだに「史上最強牝馬」の呼び声も高い。19年4月1日、蹄葉炎のため、安楽死の措置が取られた。通算成績=26戦10勝(うちGⅠ7勝含む重賞8勝、海外4戦0勝)。主な勝ち鞍は07年日本ダービー、08年天皇賞・秋、09年ジャパンカップ。08&09年JRA年度代表馬。

著者:旭堂 南鷹