64年ぶりに牝馬として日本ダービーを制するなど、競馬界に大きなインパクトを残した名牝ウオッカ。前記の07年ダービーをはじめ、競馬史に残る死闘と言われた08年天皇賞・秋、主戦・武豊の突然の乗り替わりがあった09年ジャパンカップなど、歴史的牝馬の衝撃的な生涯を追う。(この連載は2020年9月14日〜11月26日東京スポーツに掲載されたものです)

耳に入ってきた師匠の言葉

 ウオッカがレース当日に出走取り消しとなったエリザベス女王杯は、ライバルのダイワスカーレットが快勝した。だが、角居は悔しさや焦り以上に「ダイワスカーレットうんぬんではなく、ウオッカに何でもいいから勝たせてやりたい」という気持ちを抱いていた。

 角居は強いウオッカの姿に戻すことを、ウオッカ自身に対して、そしてウオッカファンへ対する責任とも感じていたのだ。一度狂った歯車だが、時が解決してくれることもある。ウオッカも次第に本来の姿を取り戻そうとしていた。

 その年の暮れの有馬記念。ファン投票でウオッカは第1位に支持され人気の高さを見せつけた。3歳牝馬がトップになるのは史上初めてだった。このレースには、あのダイワスカーレットも虎視眈々と出走態勢を整えていた。といっても、ここは歴戦の古馬も相手だ。2頭で競馬をするわけではない。両馬の対決が、特別注目されることはない。そう考えていた角居だったが…。

 ある日、耳に入ったのは師匠でもある松田国英のこんな言葉だった。

「世間はウオッカとの対決を騒いでいますが、実はもう、ダイワスカーレットとウオッカは勝負付けが済んでいるんですよね」

 松田がそう豪語するのも無理はない。ここまで1勝2敗。エリザベス女王杯を不戦敗と考えれば1勝3敗になる。

 このころ、完全にダービー馬の看板は泣いていた。しかし、松田の言葉を知った角居は、「何がなんでも、早く追いつかねば!」と、よりダイワスカーレットを、そして、松田国英を強く意識し始めた。角居は、これまでウオッカがダイワスカーレットより強いか弱いかなどは考えていなかった。ダービー馬としての責務を負う日々、それだけだった。

 そのうえ、秋にはダイワスカーレットのことなど考える余裕もなく、状態が上がってこないウオッカをなんとかレースに使うことで精一杯だった。それが、この有馬記念ではダイワスカーレットを意識できるところまできた。それは角居の精神的負担が軽減された証しでもあった。

 ところが…。ウオッカは11着に惨敗した。ダイワスカーレットは敗れはしたものの2着に大健闘した。言い訳のできない敗戦だった。そして、松田の言う「勝負付けが済んだ」という言葉が実証されてしまった。

 ウオッカとダイワスカーレットが顔を合わせるたびに「師弟対決」と騒がれてきた。それこそ、角居は松田のすごさを直接肌で知っている。だから、ウオッカとダイワスカーレットとの差は、馬だけではなく、人の差も表れている気がしていた。

2着のダイワスカーレット(左)と11着に惨敗したウオッカ(右)

☆ウオッカ 2004年4月4日、北海道静内町(現・新ひだか町)カントリー牧場で生産。栗東・角居勝彦厩舎からデビューし、2歳時の阪神JFを皮切りにGⅠを7勝。特に牝馬として64年ぶりに勝利した07年日本ダービーは競馬史に残るレースで、いまだに「史上最強牝馬」の呼び声も高い。19年4月1日、蹄葉炎のため、安楽死の措置が取られた。通算成績=26戦10勝(うちGⅠ7勝含む重賞8勝、海外4戦0勝)。主な勝ち鞍は07年日本ダービー、08年天皇賞・秋、09年ジャパンカップ。08&09年JRA年度代表馬。

著者:旭堂 南鷹