余裕の手応えで併入したコムストックロード(左)

<美浦>コムストックロードは南ウッドで2歳新馬と併せ馬。最後まで手綱は押さえられたままだったが、推進力ある走りで馬体を並べてフィニッシュ(5ハロン69・9―54・4―39・4―11・9秒)。コンスタントに使われているが、テンションは上がっておらず引き続きデキは良好だ。

 中野調教師は「前走後は疲れが出たが、今は持ち直している。古馬相手でもやれる手応えをつかんだし、1ハロンの短縮もOK。再度斤量差を生かして頑張ってほしい」とエールを送った。唯一の3歳馬が古馬撃破なるか、注目だ。

 シャンデリアムーンは坂路単走で4ハロン54・1―40・2―12・7秒。除外もあって攻め馬量は十分過ぎるほどで、仕上がりに不安はなさそう。

 相田助手「函館スプリントSは除外になったけど、その後はここを目標に切り替えて仕上がりはいい。あとは自分の競馬ができるかどうか。展開次第だね」

著者:東スポ競馬編集部