昨年8月のUHB賞を制したアヌラーダプラ

 昨年8月のUHB賞を勝った後は長期にわたって戦列を離れていたアヌラーダプラ(牝5・萩原)が、次週のGⅢアイビスSD(31日=新潟芝直1000メートル)で実戦復帰する。鞍上は次週より短期免許で来日予定のヴィンセント・ホー(32=香港)に決まった。「休養明けになりますが変わらずに来ています。後は(直千競馬の)適性がカギになると思います」と萩原調教師。

 ホーは昨年4月の香港GⅠクイーンエリザベス2世カップをラヴズオンリーユーとのコンビで優勝した地元生え抜きの名手。

著者:東スポ競馬編集部