ミラーオブマインドがゴール前で抜け出しデビューV

 23日の札幌ダート1700メートルで行われた2歳新馬戦は、3番人気ミラーオブマインド(牡・新開)が、一旦抜け出したエコロドゥネス(牡・加藤征)をゴール前で捕らえ、今年の札幌デビュー勝ち一番乗りを果たした。新種牡馬マインドユアビスケッツの産駒で、近親に今年のUAEダービー勝ち馬クラウンプライド。勝ち時計は1分47秒0(稍重)。

 鞍上の横山和は「気を使ったり、神経質な面があるので攻めもビシッとはやっていなかったし、正直次につながる競馬ができればとは思っていた。それでも、3〜4角で内に入れて砂をかぶせても大丈夫だったし、新馬戦らしくない競馬で勝ってくれた。順調にいってくれれば今後も楽しみ」と期待を寄せた。今後は一旦放牧に出される予定で次走は未定。

著者:東スポ競馬編集部