藤沢、茅ヶ崎、寒川の2市1町を拠点に活動するプロバスケットボール男子の「湘南ユナイテッドBC」が先月8日にデビューシーズンの最終戦を終えた。地区16チーム中13位に終わった今シーズンの振り返りと、来る2023-24シーズンへの展望を堀田剛司ヘッドコーチに聞いた。

湘南ユナイテッドは昨年9月からB3リーグに参入し、スピード感ある試合運びや2m級外国人選手の強いインサイドプレー、初参入の貪欲さを武器に試合に臨んだ。

全体で15勝37敗という結果に堀田ヘッドコーチは、「当初プレーオフ争いを目標にしていたので、厳しかったと思う。しかし、チームの課題がはっきり見え、成果も多々あった」と前向きにとらえる。各選手の実戦でのプレースタイルを確かめることができたのは、何よりの「成果」だという。また、プロとして緊張感ある試合を経験することで、「シーズン後半戦では最後まで諦めず、粘り強く戦うことができていた」と成長の実感もつかんでいる。

堀田ヘッドコーチも選手現役時代には新規参入のクラブを経験している。「多くのチームで初年度は大変なもの。運営陣とのコミュニケーションも密にしていきたい」と語る。

新たな戦力の充実にも着手している。「より速い試合展開のできる足の速い選手。そしてプレッシャーをかけてボールを奪えるプレーのできる選手。高いレベルの選手が加入することで、練習のレベルもあがり、チームがもっと強くなる」と熱を込める。「今の選手たちも一人ひとりを見ると良い所がある。新たな選手とともに、新たな湘南をお見せできると思います」と、来シーズンの飛躍を誓う。

声援に「感謝」

シーズン最終戦となった秩父宮記念体育館の試合では、1千人を超えるファンが会場で声援を送った。「選手たちも喜んだし、何よりプレーのパフォーマンスも高かった。チームカラーの水色を見ると励まされて心強かった」と感謝を語る。「ファン、スポンサー、地域の方たちと、みんなで作るチームであることを実感しました。だからこそ、結果を残さないといけない」と、来シーズンに向けて決意を新たにする。