川崎商工会議所(草壁悟朗会頭)が10月25日、「全会員交流会」を川崎商工会議所2階KCCIホールで行った。

ネットワークを生かした会員企業間のビジネスマッチングや情報交換、人的交流を目的に、コロナ禍を経て4年ぶりの通常開催。会場には208社300人超が集結し、アットホームな雰囲気の中でグラスを交わしながら名刺交換する姿も見られた。あいさつに立った草壁会頭は「どうすれば事業が拡大するかということに正解はない。意識的、能動的にビジネスチャンスを常時求めていないと、偶然に上手くいくことはない。この機会に交流を深め、事業のプラスになっていくことを祈念する」と述べた。