横浜建設業協会は第7回建設ポスターコンクールの表彰式を10月26日、中区の神奈川県建設会館で行った。

横浜市内の中学生を対象としたコンクール。ポスターには建設業に従事する人たちの安全を促す内容が描かれている。

50を超える作品の中から11作品が入賞し、最優秀作品は建設業に関わる316事務所に掲出される。

表彰式に出席した7人の生徒たちには、同協会の山谷朋彦会長から賞状が手渡された。

最優秀賞を受賞した藤の木中学校=南区=3年の河野円綾さんはランドマークなどの建物を背景に、同協会のマスコットキャラクター「横浜ケンジロー」と「安全第一」の文字を大きく描いた。河野さんは「勉強との両立が難しかったですが、隙間時間に制作を進めました。賞をいただけて嬉しいです」と話していた。山谷会長は「ポスター作成を通じて、建設業に興味を持ってくれたら」と話した。