一般社団法人神奈川県建設業協会伊勢原支部(杉山進支部長)と一般社団法人伊勢原市建設業協会(杉山進会長)は11月9日、市道などの草刈りボランティア活動を実施した。

これは同支部と同協会が市民生活の環境改善を目的に支部会員らが社会貢献活動の一環として毎年実施しているもの。

この日は協会会員29社から74人が草刈りに参加。グループに分かれて、市内道路区域内の法面など、16カ所で作業を行った。

各地点では協会ののぼり旗が建てられ、草刈り用の機械を使いながら、住宅街の土手や、作業が難しい急傾斜地などで丁寧に雑草の刈り取りを行った。作業は午前8時から午後4時半ごろまで行われ、パッカー車延べ11台、計8230kgの草を処分した。