厚木市恩名の中央カンセー(株)が、11月17日に厚木市に100万円を寄付した。同社は一般家庭のプラスチック包装のリサイクルなどを手掛けており、創立50周年の感謝と厚木市を応援する思いを込めて寄付した。

この日の記念式典で尾島洋社長が山口貴裕市長に目録を贈呈。市長は「私も1973年生まれの同い年。これからも資源化のために力添え頂きたい。(寄付は)市政のために活用し厚木愛を育みたい」と語った。