相模大野駅と相模原市社会福祉協議会(社協)が共催で、同駅で「子育て応援イベント」を11月18日に開催した。

このイベントは小田急電鉄株式会社が地域連携の一環で子育て応援事業に力を入れている中、同駅でもまちを盛り上げるイベントについて南区役所に打診。区役所から社協の紹介を受け、両者の「子育て応援に力を入れたい」という思いが一致し、昨年から開催している。

当日は社協による子ども食堂や学習支援の場、ファミリー・サポート・センター事業の案内などのパネル展示が行われたほか、社協のキャラクター「にこまる」のぬりえ缶バッジ作成が行われた。また、小田急のキャラクター「もころん」とにこまるの撮影会では、2人と写真を撮ろうと多くの親子連れで行列に。相模大野管区長兼相模大野駅長の辻周児さんは「お子さんたちが喜んでいる笑顔が見られて嬉しい。相模大野駅では随時いろんなイベントを企画しているので、お立ち寄りいただければ」と話した。