愛川町役場周辺のイルミネーションが12月1日から始まった。これは愛川町電設協会(柏木彰会長)が、交通事故防止と飲酒運転根絶の啓発活動の一環として2001年からボランティアで始めた取り組み。

点灯初日には柏木会長や職員が見守る中、小野澤豊町長が点灯のスイッチを入れると、ヒマラヤスギなどに飾られたLEDが煌びやかに輝き夜空を照らした。柏木会長は「イルミネーションの輝きのように、明るく元気な世の中になってくれたらうれしいですね」と話した。

点灯期間は12月28日(木)まで。時間は午後5時から10時。