都筑区内を中心とした企業の経営者や団体の代表者らで構成される都筑区懇話会(村田輝雄会長)の新年賀詞交歓会が1月15日、新横浜グレイスホテル=港北区=で開催された。会員ら約100人が参加し、親交を深めつつ都筑区の更なる発展を願った。

あいさつに立った村田会長は「昨年5月にコロナが5類になり、地域の祭りや行事は活気を取り戻してきた。今年は都筑区制30周年の記念の年。『地域のために』という思いを同じくして、皆さんの智恵をいただきながら事業を進めていきたい。本年も原点に立ち返って、地域のために汗をかいて様々な後方支援をしていく」と意欲を示した。

また山中竹春横浜市長や佐々田賢一都筑区長ら来賓もあいさつに立ち、日ごろの協力に感謝を述べつつ、都筑の発展や魅力づくりなどについて述べた。会は和やかなムードで進み、名刺交換をしたり、新年のあいさつを交わしたりと、思い思いに新しい年の始まりを祝い親睦を深めた。