相模川の自然の中で野鳥に出会う観察会が、2月3日(土)に海老名運動公園で開催される。午前9時30分から11時30分。同公園プール2階研修室に集合。小雨決行。

元日本鳥類保護連盟調査室長の坂本堅五さんが指導員を務め、初心者も楽しめるように双眼鏡の使い方から分かりやすく説明する。この時期はオナガやツグミ、ジョウビタキなどが観察できる。

参加費500円、小3から中学生は300円。定員20人。持ち物は双眼鏡で動きやすい服装。参加希望者は電話で申し込み。(問)南郷さん【携帯電話】070・3127・0652