「『20万区民の自助・共助による減災運動』推進大会」が3月9日(土)に保土ケ谷公会堂で開催される。午後1時30分から3時30分まで。参加無料。行政だけでなく、自分で自身の命を守る「自助」と自治会町内会などで助け合う「共助」を住民主体で推進していくことを目的に、2013年から行われている。

今年度の推進大会は「〜忘れない、あの瞬間(とき)を〜東日本大震災の教訓と災害への備え」がテーマ。2部制で家庭防災員による活動発表の後、東日本大震災の津波で自宅を喪失し、2014年から「いわき語り部の会」に入会し、「震災語り部」として震災伝承活動に取り組む大河内喜男さんが講演する。

事前申込制で左記二次元コードを読み取り、申込フォームから必要事項を入力。2月29日締切。問い合わせは区総務課【電話】045・334・6203へ。