厚木東高校で1月24日、社会で活躍する職業人の話を聞く職業ガイダンスが1年生を対象に行われた。仕事の話を聞くことで、将来の進路の手がかりにしてもらおうというもの。

この日は保育士やウェブデザイナー、営業職、公務員など11人の講師がそれぞれの仕事について講話した。

湘南厚木病院の看護師フィッシュバッハ靖子さんは、学生時代の思い出話や看護師になるまでの経緯のほか地域医療について話した。病院の話では「一人の患者様に対して多職種の医療関係者が対応しています。協力することが大切です」と説いた。生徒は真剣な表情で話を聞いていた。