多摩市出身の映画監督・清原惟さん=人物風土記で紹介=の最新作「すべての夜を思いだす」が来月公開される。世代の異なる3人の女性の一日を描いた作品で、市内でロケを行っており、見慣れた商店街や公園などが舞台になっている。3月2日(土)、ユーロスペース(渋谷区)ほかにて全国順次公開。

女性の日常描く

同作品には、兵藤公美さん、大場みなみさん、見上愛さんらが出演。東京の郊外に位置するまち「多摩ニュータウン」が舞台になっている。春を迎えたある日に、3人の女性が多摩ニュータウンに存在し、同じ場所、同じ時間を過ごす姿を描く。女性たちの日常に焦点をあて、新たなまちの魅力と、そこに暮らす人と夢を描く映像作品だ。

市内の名所多数

作品のロケ地として、鶴牧西公園や貝取北公園、グリーンライブセンター(閉館中)、みどり橋、諏訪団地・諏訪名店街、東京都埋蔵文化財センターのほか、地元の店舗などほぼ市内で撮影されている。テレビや映画のロケ誘致活動をしている、多摩市フィルムコミッション「たまロケーションサービス」や商店街の協力のもと撮影は行われた。

作品の脚本・監督をした清原さんは多摩市の出身。自主映画の祭典「ぴあフィルムフェスティバル」(PFF)では2014年に「暁の石」が入選し脚光を浴びた。

3年後には映画「わたしたちの家」で同フェスティバルグランプリを受賞し、多くの国際映画祭に出品上映された実績がある。

先行上映会は完売

今作も第73回ベルリン国際映画祭フォーラム部門、第13回北京国際映画祭フォワード・フューチャー部門などの海外映画祭に出品され高い評価を得ているという。

3月の公開を前に先行上映会があさって永山ベルブホールで開かれる(チケットは完売)。主催はTAMA映画フォーラム実行委員会。

「公開楽しみ」

先行上映会のチケットは売り切れてしまったが、3月公開に向けて清原さんは「公開が楽しみ。特別上映会や外国の映画祭などでは上映して、海外の方からのフィードバックはすでにいただいていましたが、本格的な公開は初めてなので今の時代に今の人々にどのように受けとってもらえるのか自分でも未知な部分があるので、反応が楽しみです」と話した。チケットの購入は公開劇場窓口で。前売り券1500円、当日券1900円。