横浜都筑ライオンズクラブ(以下=LC)は都筑区制30周年を記念して、ミモザ広場(仲町台)に時計塔を寄贈した。その贈呈式が2月16日に同広場で行われた。

式には佐々田賢一区長、区役所職員、土木事務所職員、同LCの会員らが参加。佐々田区長は関係者に感謝を述べ、LC会長の伊藤順子さんに感謝状を贈った。

同LCは区内で奉仕活動を行っており、これまでセンター北や南に時計塔を寄贈してきた。仲町台は今回が初めて。

時計塔の設置工事は2月5日に開始。雪の影響などで工期が1週間ほど遅れたが、12日に完了した。

昨年7月から会長を務める伊藤さんは、当初から「仲町台に時計塔を寄贈したい」と話していた。「昨年から関係各所と協力して、設置にこぎつけた。仲町台で実現したことに感激している」と述べた。