オーケストラ演奏と医療講演の「湘南鎌倉フィルハーモニック管弦楽団定期演奏会〜身体にいい音楽会〜」が3月10日(日)、鎌倉芸術館大ホールで開催される。同楽団とNPO癒しの医療を考える会が主催し、26回目。

同楽団は、各地のプロオーケストラの団員や、国内外でソリストとして活動する音楽家によって構成。当日はヴィラ・ロボス「ブラジル風バッハ9番」などを披露する。また、湘南鎌倉総合病院の小林修三院長が「作曲家の病と音楽」について講演する。

午後2時開演。全席自由4千円。鎌倉芸術館などで販売中。(問)【電話】050・6868・9986

招待券をプレゼント

演奏会に読者5組10人を招待。はがきに住所・氏名・年齢を記載し、〒251-0021藤沢市鵠沼神明5の13の19の2階タウンニュース鎌倉編集室「演奏会招待」係へ。3月1日(金)必着。