厚木市立清水小学校(妻田西/笠昇校長)が今年度150周年を迎え2月16日、記念式典とバルーンリリースが同校で行われた。

式典後児童らは校庭に移動。色とりどりの風船を持つと、合図に合わせて一斉にリリース。風船は風に乗ってあっという間に飛んで行った。

学校によると、横浜市泉区の幼稚園で園児らが飛んできたバルーンの一つを拾得。「付いていた花の種を蒔いて大事に育てる」とのメッセージが届いたという。