かながわ防災講演会が3月11日、神奈川公会堂で開催された。

講師を務めたのは、テレビ神奈川や朝の情報番組でもなじみのくぼてんきさん。当日は、関東大震災、東日本大震災、能登半島地震を例に、災害の特徴などを紹介。ビルを模した大中小の棒を使ったクイズでは、ゆっくり大きな振動では高いビルの方が揺れるが、小刻みな振動では小さいビルの方が揺れることなどを説明した。津波発生のメカニズムや、遠くに避難するより高いところに避難することが大切といった身を守るための備えについても語った。そのほか、糸魚川市大規模火災となった現場と神奈川区の共通点や天気予報の裏話など、くぼさんならではの切り口での講演が行われた。会場には多くの地域住民が来場し、時に笑いがあふれる和やかな雰囲気の中でも、命を守るための知識を真剣に学んでいた。