若者と地域団体のパートナーシップ活動を表彰する「横浜アクションアワード2024」が3月7日、横浜市役所1階アトリウムで開催された。主催は、学生が運営の主体を担っているNPO法人アクションポート横浜。

今年で5回目の開催となった同アワード。当日は、1次審査を突破した5団体が公開プレゼンテーションで、地域団体との共同プロジェクトを紹介した。観覧参加者や有識者の投票・審査により、大賞・準大賞・審査員特別賞が選出された。

神奈川大学体育会サッカー部×NPO法人KUSCでは、中山の「竹山団地」を学生寮として活用することで、団地住民との交流を活性化するプロジェクトを紹介。高齢化率が高い団地内で、時には学生がスマホ教室を開催するなどして絆を深め、サッカー部の試合の応援に住民が駆けつけることもあった。ユニークなアイデアと取組みの成果が評価され、見事に大賞を受賞した。

今回は審査会に先立ち、NPOでインターンシップを行った学生たちの活動報告も開催された。また、若者団体見本市と称して、アワード出演団体を含めて、地域で活躍する様々な若者団体が集合。交流や意見交換を行い、有意義な時間を過ごした。