国際ソロプチミスト厚木(内田良枝会長)の第3回チャリティゴルフコンペが3月11日に本厚木カンツリークラブで開催され、107人の参加者が腕を競った。

3月8日の「国際女性デー」に合わせたイベントで、収益は教育を通じて女性と女児の夢を応援する活動の資金となる。例年、目標に向かって頑張る女性を支援する事業「夢を生きる賞」を実施しているほか、今年も1月に女子中高生のセミナー「夢を拓くプログラム」を開き、障害や失敗をどう乗り越えるかを伝えた。内田会長は「晴天に恵まれ多くの方に参加頂き、おかげで支援活動が続けられ、ありがたい」とコメントした。初開催となった表彰パーティーでは協賛企業から集まった賞品が全参加者に贈られた。

コンペは18ホールストロークプレー・ダブルペリア方式(新ペリア)で開催され、107人が腕を競った。大会の結果は次の通り(敬称略)。優勝・首藤雄太/準優勝・佐藤清隆/3位・和田貴樹/ベスグロ賞男子・山口大介(スコア79)/ベスグロ賞女子・大越絵美子(スコア91)