川崎市PTA連絡協議会が主催する第2回「広報コンクール」の表彰式が3月9日、川崎市教育文化会館で行われ、市内13団体が表彰された。

同コンクールは、市立小中学校PTAや各区PTA連絡協議会を対象に、紙やデジタルの媒体を活用し、効果的にPTA活動の広報ができているものを評価する。

今回は40校から61媒体がエントリー。最優秀賞1、優秀賞9、審査員特別賞3団体が受賞した。最優秀賞には宮前区の西野川小学校PTAが選ばれた。アナログとデジタルの両媒体で、保護者目線の学校の様子やイベント情報、PTA運営の改革を伝えてきた点が評価された。川崎区は川崎小学校父母と先生の会、幸区は幸町小学校PTAがそれぞれ、優秀賞に選ばれた。

表彰式後には、受賞校同士がそれぞれの工夫点を共有する情報交換も行われた。好事例を取り入れようと、活発な会話が生まれていた。

他の入賞団体は以下のとおり(順不同)。▽優秀賞/上丸子小PTA、玉川小PTA、宮内中PTA、久本小PTA、生田小PTA、南生田小PTA,柿生小PTA▽審査員特別賞/今井小PTA、高津区PTA協議会、麻生区PTA協議会