(公社)厚木青年会議所(梶原弘揮理事長)では、4月9日(火)に「街の未来は君の手に〜Let'sdiscuss〜」と題した公開例会を厚木商工会議所で開催する。

これは、厚木・愛川・清川エリアの高大学生が「帰りたい街、厚木・愛川・清川」をテーマにアプローチ案を考え、市町村担当者に直接伝えるもの。11月に予定する3市町村首長が参加する例会に向けて、青年会議所メンバーと一緒にまちづくりに活かしていく。

3月15日には、例会に先駆けて、クラーク記念国際高等学校・厚木キャンパスで生徒によるアプローチ案の発表(=写真)が行われ、JCメンバーも発表に参加した。当日は11グループが独自の視点でアプローチ案から解決法までを発表。川本啓太さん(1年)は「実際のアンケートで多くの声を聞けた。移住や企業誘致などについて提案したい」と話した。