県教育委員会は3月13日、女子生徒へわいせつ行為をしたとして、鎌倉市立中学校の男性教諭(35)を懲戒免職処分にしたと発表した。

県教委によると、男性教諭は2021年4月〜23年7月、勤務する学校内で自校の女子生徒複数名に対し、尻や腰などを触るわいせつ行為を繰り返したという。

市の高橋洋平教育長は「生徒とご家族が辛く不安な思いをされたことに心からお詫び申し上げます。二度とこのような不祥事が起きないよう取り組んでいく」とした。