泉火災予防協会は区内の約200の有志の事業所等で構成され、泉消防署と連携しながら区民に防火防災の各種広報や訓練、研修会等を行っている団体。市内18行政区にそれぞれの火災予防協会があるが、泉火災予防協会の合言葉は「地域に最大限貢献しよう」。

活動の中には、購入した住宅用火災警報器200個を区民に無料配布するために泉消防署に寄付したり、防災講演会の開催や防火ポスターコンクールの実施なども消防署と共催して防火防災意識の啓発を行っている。

また、会員事業所を対象にした火災予防や救命に関する専門的な訓練、講義も実施している。

同協会は「地域貢献となると敷居が高いイメージがありますが泉区の事業所の皆さんで協力して『災害に強い泉区』を一緒に作りませんか」と参加を呼び掛けている。

活動内容や問い合わせ、申し込みは二次元コードから。電話も可能。