港北区民文化センター(ミズキーホール)が3月24日に開館し、同日、記念式典が行われた。

待望の施設開館を祝おうと駆け付けたのは、招待者や一般抽選当選者ら約350人。山中竹春市長は主催者代表として「この場所で、多くの方々がつながり、絆が深まり、それが港北区の活力になることを期待する」とあいさつした。来賓の港北区連合町内会、関治美会長は「ミズキーホールという愛称は港北区の皆様から募集し、皆様の投票で決まった親しみやすいもの。この施設が区の文化活動に根差し、末永く愛され、活用される場になれば」と願いを込めた。

式典では、ステンドグラスや絵画の寄贈者、ホール命名者への感謝状授与式が行われたほか、アーツ室内オーケストラ大綱中学校合唱部による記念演奏会も行われた。小野明男館長=写真=は「皆様は(施設の)応援団だと思っている。一緒に歩んで良いホールにしたい」と呼びかけた。