スポーツとマルシェを組み合わせたイベント「スポマル!さいわい」が3月20日、幸スポーツセンター(幸区戸手本町)で行われた。会場には親子連れら約1500人が訪れ、スポーツ体験などを楽しんだ。

仕事や育児で忙しく体を動かす機会の少ないとされる就労、子育て世代を対象に、さまざまなスポーツを体験してもらおうと毎年開かれており、今年で3回目。

会場では、ボルダリングやスポーツチャンバラ、パラスポーツのボッチャ、シッティングバレーなどのコーナーが設けられ、元気に体験する子どもたちの姿が見られた。また、親子で行うベビーヨガやベビーダンス、人形などのハンドメイド作品のワークショップも盛況だった。

参加者からは「体を動かすことが少ないので、いい機会になった」「ボルダリングやボッチャなど普段できないスポーツが体験でき楽しかった」といった声が聞かれた。

幸区役所の担当者は「小さいお子さんを連れた家族が多く来場してくれた。スポーツに親しんでほしい」と話した。