麻生観光協会が主催する、麻生の歴史散策が5月11日(土)に開催される。

麻生歴史観光ガイドの会の案内で、歴史散策を行う同イベント。2024年度第1回目は「旧黒川村を訪ねる」。里地里山の原風景が残り、万葉集にも詠まれている「よこやまの道」を歩き、12年に一度辰年に公開される西光寺の天井絵「雲龍図」を特別に拝観する。

午後1時15分にはるひ野駅南口に集合。よこやまの道、柿生発電所、セレサモス、汁守神社、西光寺までの約4Kmの道のりを歩いて回る。

参加希望者は、麻生観光協会のウェブサイトからか、往復はがきに「旧黒川村を訪ねる」と題し、参加者(3人まで)全員の【1】氏名【2】年齢【3】住所【4】電話番号を明記し、〒215―8570麻生区万福寺1の5の1麻生区役所地域振興課まで申込みを。締切は4月25日(木)。問い合わせは、同課【電話】044・965・5113。