第30回AGC杯愛川学童野球大会が3月9日と10日、愛川町の志田球場などで行われ、海老名市で活動する海老名スラッガーズ(久保宙監督)が優勝した。

大会は愛川町や相模原市などから8チームが出場。同チームは2人の投手を中心に守り勝つ野球で勝ち進み、決勝戦は相原リトルダンディーズと対戦。投打がかみ合い8対1で勝利した。

キャプテンの中川蓮介さん(大谷小5年)は「今年初めての大会で優勝できて嬉しい」と喜んだ。チームは1974年の創立で、50年の節目を優勝で祝った。