お釈迦さまの誕生日とされる4月8日、境木本町の境木地蔵尊で、釈迦像に甘茶をかけて無病息災を祈る「花まつり」が開かれた。

江戸時代に東海道中を旅する人々が立ち寄り、道中の安全を祈願したという同所では40年以上前からこの催しを続けている。

この日は色とりどりの花で飾られた「花御堂」が設けられ、天と地を指す小さな釈迦像に、参拝者らが甘茶をかけた。