4月6日から4月15日の「春の全国交通安全運動」に合わせ、旭警察署(吉田善成署長)は4月4日、二俣川駅北口のデッキで交通安全の啓発キャンペーンを行った。

当日は旭区の旭あじさい保育園の保育士・鈴木望実さんと、希望ヶ丘幼稚園の教諭・城山優里さんが一日警察官として参加した。城山さんは区民に対して「子どもの安全を守れるように、登下校の時など注意してほしい」と呼びかけた。

キャンペーンに参加した権藤由紀子区長は「4月で新学期が始まり、子どもの活動範囲が広がる。地域の人が声掛けして事故ゼロを目指してほしい」と話した。

特別警戒を実施

旭区内では今年に入り3件の死亡事故が発生しており、例年と比べても増加している。旭警察署ではこれを踏まえて、(一財)旭交通安全協会(小磯守会長)とともに、4月1日に特別警戒活動を実施した。

活動では、事故のあった箇所での交通誘導や、旭区内の幹線道路での巡回を行った。交通課の高橋寛拓課長は「3件の死亡事故が発生し、危機的な状況。死亡事故が起きないように、警察署一丸となって活動を続けたい」と意気込んだ。