※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール、専用サイトで受け付けています

私には結婚を申し込まれている彼がいます。彼自身はすてきな人で、良い仕事をしています。ところが話が本格化し、彼の実家の人たちと交流が進むにつれて、彼の家族に感じた違和感は嫌悪感に変わり、夜も眠れないほど悩み、彼も嫌いになりかかっています。結婚話を白紙に戻そうかと悩んでいます。

その理由は彼の実家が人聞きの悪い商売で失敗し、自己破産していることです。それに家族全員がパチンコ好きでヘビースモーカー、母親は派手好みで、破産前に買った数百万円の呉服などを見せびらかす人です。離婚して再婚した人もいます。そのような環境から努力して良い仕事をしてきた彼を信じ、彼とご実家は別物だと切り離して考えるよう努力してきました。しかし彼の考え方や生活態度などに、育った家庭の影響を感じる部分が見え隠れし、限界を感じることがあります。

ご実家に貯金がないので、結婚式の協力金はないということもわかってきました。嫁に出す準備をずっとしていてくれた両親のことを考えると、とても胸が苦しくなります。これほどの環境差を我慢して結婚して、私は幸せになれるでしょうか。彼の実家の環境が問題で、別れて正解だったと思う場合と、そうではなく後悔しそうな場合を、ご経験からご意見をお聞かせください。

じゅにあパンプキン

愛情や価値観の一致が重要視される昨今

結論から言えば、その悩みを彼と率直に話されることを強くお勧めします。

昔からの言い伝えには、端的に真実を言い当てている場合が多く、感心させられます。「三つ子の魂、百まで」や「トンビがタカを産む」などは、今回、あなたのご相談文を考えていくうえで、参考になりそうです。しかし私はあなたに、「釣り合わぬは不縁の基」から、お話しさせていただこうと思います。