名門進学校で実施されている、一見すると大学受験勉強にはまったく関係なさそうな授業を実況中継する本連載。第11回は神奈川県の名門男子校「栄光学園」を追う。

全生徒が一斉にグランドに集合

2時間目終了のベルが鳴ると、なめらかな音楽が学校中に流れる。しかしその音楽のなめらかさとは裏腹に、校舎の中から上半身裸の生徒たちがぞろぞろとグラウンドに出てくる。ちょっと異様だ。

教員たちもぞろぞろ出てくる。教員たちも上着を脱ぎ始めた。そのまま朝礼台のようなところで腕立て伏せを始める教員もいる。なんだ、なんだ?

晴天の下、全校生徒約1000人がグラウンドに集まった。全校生徒の前には上半身裸の2人の教員。マイクを握る。

「整列!」

生徒たちに指示を出す。生徒たちは学年ごとに整列する。

「体操隊形に広がれ!」

生徒たちが広大な芝(?)のグラウンドいっぱいに広がった。まわりに高い建物はなく、緑に囲まれている。すがすがしい。そこだけを見れば林間学校の朝の体操かと見まがう光景だ。

大音量で放送されるラジオ体操第2に合わせて全員で体操する。壇上の2人の教員が手本を示すだけでなく、生徒たちを取り囲むように、10名ほどの教員たちもグラウンドでいっしょに体操する。

4分弱の体操が終わると、再び整列して、解散。上半身裸の1000人の男子生徒が一斉に校舎に吸い込まれていく。客観的に見れば、奇妙な光景だ。

「神奈川御三家」の一角「栄光学園」(写真は筆者撮影)

神奈川・大船にある栄光学園の名物「中間体操」である。

創立当初から続く。毎日2時間目と3時間目の間に行う慣例。見学したのは6月の暑い日だったのでまだ良いが、真冬でも上半身裸のルールは変わらない。さすがに雨天では中止となる。ちなみに集合の合図として校内に流れるなめらかな音楽は、病のために2016年に高校2年生で亡くなった加藤旭くんが作曲した曲である。生徒たちもそれを知っている。