みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。

このたび、東洋経済新報社より『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』を出版いたしました。

前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は本当に多くの方に手に取っていただき、おかげさまで15万部を超えるベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。

第2弾となる今回は、コミュニケーションをとるうえで、「話し方」以上に大切な「聞き方」について書きました。早速、5万部を超えるヒットとなり、多くのみなさまに読んでいただけていることを、心からうれしく思います。

本記事では「嫌われる人のウザい自慢」よくある7つのNGを紹介します。

「自慢話」はどんな形でも嫌がられている

自慢話は、言うほうは気分がよくても、聞くほうは決していい気持ちにはなりませんよね。

子どものころは平気でガンガン言えたけれど、さすがに大人になると「俺は仕事ができて人望があって、女性にモテる」などというストレートな自慢をする人は少なくなります。

その代わりに、別のことを言っているように見えて、実は自慢だったという「隠れ自慢」や、愚痴をこぼしているようで、結局は自慢という「愚痴を偽装する自慢」、はたまた過去の話やSNSの自慢など、「ちょっと手の込んだ」自慢も増えてきているような気がします。

でも、結局は「自慢」です。どんな形でも嫌がられることに変わりはありません。

では、嫌われる人の「ウザい自慢」はどんなものでしょうか。パターン別に紹介しましょう。