オリンピックなどの世界大会で多くの観客を魅了する選手、プロスポーツで国際的に活躍する選手などが、天性の才能の上に努力を重ねて繰り出すパフォーマンスが、見る者に与えてくれる感動はいまさら言うまでもない。その選手の中には、大学生や大学卒業生・大学院生が多く含まれている。しかし、現在の大学の運動部所属学生には、大学生とは名ばかりで、高等教育の場をはき違えている者が数多く存在する。

スポーツ推薦で入学した運動部の学生たち

ある大学の朝の光景である。1人の教員が、1限目の授業を行う教室に向かって廊下を歩いているとき、教室の後方入口の前で2人の学生が「おはようございまーす!」と大声であいさつをした。しっかりとあいさつができる学生は今時珍しい。礼儀正しくて、礼節をわきまえた学生ではないかと読者は思われるかもしれない。しかし、教員は「おはよう」と返しながらも、心の中では少し苦々しく思っている。

教室に入ると、授業開始5分前にもかかわらずあまり学生が来ていない。9時から始まる1時間目の出席率は、どの大学の、どの授業でもあまり芳しくない。しかし、この授業の出席率はその中でも特に悪い。なぜなら、スポーツ推薦で入学した運動部の学生が数多く履修しているからだ。

あいさつをした2人の学生は、大きなスポーツバッグを抱えて定められた席に着く。担当教員はまじめに授業を行い、出席も厳密に確認するタイプの教員なので、最初の授業で指定席を決めているのだ。自由席にして教室の前半分に空席が広がってしまうのを避けるため、また、気力のない学生を個別に注意しやすくするためである。