やはり医師の年収は高い。あらゆる職業を押さえてトップに (写真:つむぎ / PIXTA)

将来なりたい職業の年収は――。

就活生や学生にとって、行きたい会社や業界のほかに、「なりたい職業」というものもあるはずだ。では職業別の給与水準の実態はどうなっているのか?

2月28日に厚生労働省から、「賃金構造基本統計調査」2017年版のデータが発表された。賃金構造基本調査とは、労働者の雇用形態や給与額、労働時間などを明らかにする調査。産業別や男女別、年代別、学歴別など、実態をより細かく把握できる統計調査である。

その中に「職種別」の現金給与支給額や労働時間をまとめた表がある。今回は最新データを基に、各職種の平均の年収額を計算。ランキング形式でまとめたのが、この「職業別年収ランキング」だ。

厚労省の最新データから年収を算出

統計では129の職業について、月収(残業代や諸手当を含む、調査は6月)と、年間賞与が記載されているが、その月収を12倍(12カ月分)し、それに年間賞与等を加えた数字を、「年収」として算出している。

なお、一般の事務職や営業職といった、129の職種に該当しない職業については、データがないことをお断りしておく。対象は、企業規模10人以上の事業所の勤務者(男女計)で、一般労働者(フルタイムで働く労働者)だ。役職者は対象外となっている。職種区分は調査表に記載してある、職種一覧表に基づいて記載した。