「隣の芝生は青い」は勘違いだった――。転職したばかりなのに、前の職場を懐かしむ人。後悔して、前の会社への出戻りを画策する人。そんな「出戻り希望」の人たちを再雇用する会社が増えているようです。

「人事のミカタ」が再雇用=出戻り社員の受け入れ実績について調査したところ、72%の企業が「再雇用したことがある」と回答。2016年の調査に比べ5ポイント増加しています。

筆者が取材する企業でも、再雇用を増やす会社が増えていると感じます。こうした背景からでしょうか。退職した社員とのつながりを“継続”するための組織づくりに力を入れる企業が増えています。

インターネット広告大手のセプテーニ・ホールディングスやヤフーでは、千人規模の卒業生ネットワークを構築しているとのこと。このネットワークには再雇用の可能性につなげる狙いもあるようです。

こうした卒業生は「アルムナイ」は呼ばれ、注目のキーワードになりつつあります。こうした再雇用の取り組みは、人手不足の貴重な解決策のひとつではないでしょうか。今回の記事では、有効な活用方法を考えてみたいと思います。

批判的な意見を口にしていたSさん

筆者は前職リクルート時代、退職した部下から「出戻りたい」と連絡を受けたことが何度かあります。そのうちの1人が取引先のベンチャーに転職したSさん。当時の職場に閉塞感を感じていたようで、よく批判的な意見を口にしていました。たとえば、

「この会社は意外にも経営との距離が遠い。もっと、若手社員が自分の意見を発言する場がつくれないのでしょうか?」

など。筆者は、前職の職場は比較的風通しがよく、経営に対して意見を言える風土は十分にあったと記憶しています。ただ、Sさんが担当していたベンチャー企業は経営者と若手社員が意見を言い合いながらビジネスをつくりだしている職場環境でした。そのため、それと比較して不十分だと感じたのかもしれません。